『Cook4me(クックフォーミー)』 未来型クッキング!

2017年2月9日

Cook4me(クックフォーミー) 電気調理なべ

Cook4me(クックフォーミー)で未来にタイムトラベル♪

オーバーなcatchコピーだけど楽しい!
圧力調理、蒸す、炒める、煮込むことができる電気調理鍋。

ガスを使わずに色々作れるのが気になる!

↓↓↓↓↓


「圧力料理」「蒸す」「炒める」「煮込む」ができる電気調理なべ

未来型クッキングサポーター クックフォーミー(Cook4me)

●色々な料理が試せる「マルチクッカー」
●「圧力調理、蒸す、炒める、煮込む」ができる
●レシピ選びから調理まで、ボタンひとつでナビ
●圧力調理ができるので時短に
●電気制御なので、離れていても安心
●2~6人分が一度に作れる

品名 : クックフォーミー CY7011JP
電源 : 100V 50/60Hz
容量 : 6.0L
寸法 : 380×350×325mm
重量 : 6.5kg
コード : 1.5m
付属品 : 中かご
最大圧力 : 70kPa(一定)

・料理の幅が広がるキッチン家電
・料理が苦手な方でも楽ちん料理
・自動調理器・自動調理鍋
・プラス1品が簡単に!忙しい方にも最適
・景品やプレゼント(新築祝い・結婚祝い)に

【送料無料】
【クックフォーミー】ティファール Cook4me マルチクッカー 未来型クッキングサポーター

↑↑↑↑↑

Cook4me(クックフォーミー)の口コミ評判

平日、会社でのランチはお弁当派の筆者。しかし最近、料理がズボラになり、おかずの味付けを大体しょう油で済ませているので、フタを開けるといつも“茶色い”んです……。そんなとき、ふと思い出したのが、ティファールの自動調理鍋「Cook4me CY7011JP」(以下、クックフォーミー)の存在。この1台で、簡単に「圧力調理」「蒸す」「炒める」「煮込む」が全部できる人気の調理アイテムです。今回はこのクックフォーミーを使って、これまで作ったことのない“カラフルな”おかず作りに挑戦! 見た目にもおいしいお弁当ライフをスタートしてみました。

・まずは製品の特徴をチェック! とにかく売れた人気製品
・料理が「苦手な人」にも「得意な人」にもうれしい充実の調理機能
・平日5日間のお弁当作りを実践レポ! 簡単&時短で“失敗しない”
・【1日目】「若鶏のバスク風煮込み」と「彩り蒸し野菜サラダ」のお弁当
・【2日目】「チキンのココナッツカレー」と「バスク風ペンネ」のお弁当
・【3日目】「真だらの洋風煮込み」と「かぼちゃのそぼろ煮」のお弁当
・【4日目】「鶏肉の蒸し煮 エスニック風」と「かぼちゃサラダ」のお弁当
・【5日目】「カレーピラフ」と「水菜のサラダ」のお弁当
・本体のお手入れは、しやすいor大変?
・まとめ。“目分量のアバウト調理”もOK! ズボラでも失敗しない

出典:自動調理で超時短!人気の「Cook4me(クックフォーミー)」で1週間のお弁当を作ってみた – 価格.comマガジン

今家電業界は、時短調理家電ブームの大嵐が吹き荒れている。しかも「えっ! ニッチな専用機じゃのう!」ってものから、なんでも作れるオールマイティな電磁調理鍋までさまざま。

 そこに突如現れたのが、使いやすいフライパン(深さがあってターンオーバー簡単なんだよね♪)などでおなじみの、ティファール星からやってきた小型宇宙船「Cook4me(クックフォーミー)」だ。

・家族が喜ぶビーフシチューがあっという間にできあがり
・ステーキもいい焼き色が付くほど大火力
・みんな大好きな肉じゃがも! ジャガイモがホクホク!
・調理家電の鬼門「茶碗蒸し」に挑戦!
・ラストは僕の晩酌のつまみ、ブタの角煮!
・レシピは今後増えるし、お手入れも簡単!

出典:【家電製品レビュー】取っ手のとれる~♪ティファール♪からローンチ! 近未来調理器「Cook4me」の時短調理がスゲー! – 家電 Watch

1台で四つの調理方法(圧力調理、いためる、煮る、蒸す)ができるT-falの「Cook4me(クックフォーミー)」。本体には60レシピを内蔵しており、液晶画面の表示に従って調理すれば、誰にでも簡単に手間をかけた料理が作れる。圧力調理機能も持っているので、一般の鍋よりも短時間でできあがる。この最新の多機能調理家電の実力を試してみよう。

・液晶からメニューを選んで作る
・料理のできは文句なし
・さまざまなバリエーションが楽しめる

出典:本格レシピが簡単に作れるマルチクッカー「Cook4me」の実力は – 使ってわかった – 朝日新聞デジタル&BAZAAR

最近注目されている調理家電のひとつに「電気調理鍋」があります。材料を入れてメニューを選択するだけで料理が作れる手軽さゆえに、共働きの家庭はもちろん、小さな子どもがいて料理にじっくり時間をかけられない家庭などで大活躍する調理家電です。

その代表格ともいえるのが、シャープの「ヘルシオ ホットクック」とティファールの「Cook4me(クックフォーミー)」。いずれも調理家電としては決して安価ではないものの、大きな注目を集めています。そんな人気の2モデルがそれぞれどんなユーザーにおすすめなのかを知るために、実際に使い比べてみました。

・どちらもサイズは大きいので置き場所が重要
・ホットクックは下準備の肉の油抜きもOK
・クックフォーミーは時短調理が強み
・ホットクックの「無水調理」で肉じゃがに挑戦!
・炒め調理もOKなクックフォーミーで「カレーピラフ」に挑戦!
・ホットクックとクックフォーミーの大きな違いは?

出典:ほったらかし調理家電「ヘルシオ ホットクック」「Cook4me」の使い勝手を比べてみた! | &GP

Cook4me(クックフォーミー) 最安値 価格比較

Cook4me(クックフォーミー)を一番お得に買う!

こっちも気になる!

『自動調理鍋』 長期保証付で購入すべし!
『ミルクフォーマー』 エスプーマを自宅でお手軽に!
『バルミューダの電気ケトル』 おしゃれで可愛いよ!